急勾配・狭い・折れ曲がり階段にも!
【ドイツの階段昇降機】ティッセンクルップ

ティッセンクルップ「マルチ」の実機が試験運転を始めました。

1854年。エレベータの発明は、都市生活者の生活を一変させました。それから160年、その技術はほとんど変わりませんでした。1本の筒の中を1台のかごが往復するだけの乗り物。2003年、ようやく2台のキャビンが一つの筒の中を上下する「ツインエレベータ」が現れました。けれども今や、人々はますます大都市に集中し、都市の建築と人の移動手段は、さらなる革命を求められています。


我々はエレベータの設計を根本から考え直しました。エレベータからワイヤをなくすことができたら? 屋上の巻き上げ機ではなく、キャビン自体に駆動部を内蔵したら? 複数のキャビンを同時に運行できたら? キャビンを次々に循環させたら? 上下だけでなく水平にも移動できたら?



ワイヤのないエレベータ。それはワイヤ自身の重みと強度の制限から自由になること。建物がどんなに高くても上っていくことができます。高さ、間取り、移動方向、全ての縛りから都市の設計が解き放たれます。そこにはマルチな可能性が広がっています。「マルチ」。そう、それが私たちティッセンクルップが拓いた、革新のエレベータの名前です。