急勾配・狭い・折れ曲がり階段にも! 階段昇降機のティッセンクルップ・アクセス・ジャパン

ワイヤロープのないエレベーター「ティッセンクルップ MULTI」2017エジソン賞で金賞を受賞

ワイヤロープのないエレベーター「ティッセンクルップ MULTI」2017エジソン賞で金賞を受賞世界の革新的な技術・商品・サービスに贈られる「エジソン賞」(Edison Awards)2017年の受賞者が発表され、「ティッセンクルップ MULTI」が輸送および物流部門の金賞を獲得しました。

thyssenkrupp MULTIはティッセンクルップが開発した、世界初の《ワイヤロープのないエレベーター》です。
ワイヤロープでつり下げられたエレベータには絶対にできなかった、画期的な運行ができます。キャビンはリニアモーターで駆動され、上下だけでなく横にも移動できます。
最上階に到着したキャビンを、別のルートで下ろすことができますから、上りは上り専用、下りは下り専用にできます。まるで複線の鉄道のようです。乗り場には15~30秒ごとに次々とキャビンがやってきますから、待ち時間が劇的に減少します。

上下だけでなく、横にも移動できるエレベーターは、高層ビルと都市の設計に革命をもたらします。例えばオフィスビルの地下まで降りたエレベーターは、そのまま横に移動して地下鉄の駅まで走るでしょう。オフィスビルと駅は、文字通り縦横無尽に走るティッセンクルップのエレベーターにより、有機的につながることになります。

ティッセンクルップ社は現在、この画期的なエレベータの実証試験を行うため、ドイツのロットヴァイルに高さ約250メートルのテストタワーを建設中です。ここでは秒速18メートル(垂直速度・時速64.8キロメートル)で上下する、最大12本のエレベータを同時にテストすることができます。



ティッセンクルップ社について

ティッセンクルップ社は、全世界約80カ国で約15万人の従業員を擁し、年に4兆円以上を売り上げている総合企業です。特にエレベーター、エスカレーター、ウォークウェイ(動く歩道)、航空機の乗客搭乗ブリッジ、階段昇降機、段差解消機の分野で、世界をリードしています。