急勾配・狭い・折れ曲がり階段にも!
【ドイツの階段昇降機】ティッセンクルップ

ホームエレベーターをご検討の方へ

家庭用エレベーター 階段の上り下りがつらい、あるいは介助が必要なご家族のため、上下階への移動を助ける機材といえば、思いつくのは「家庭用のエレベーター」だと思います。
 自宅にエレベーターが取付けられれば、車椅子を利用されている方でもそのまま乗り降りできますし、介助者と一緒に乗ることもできますから、それに越したことはありません。
 けれども、ホームエレベーターを取付けるためには、住宅本体に十分な強度と、エレベーターを上下の階に通すための間取りが必要です。新築であれば、初めからそのように設計すればいいのですが、後付けとなるとなかなか難しく、エレベーターが取付けられない場合も少なくありません。費用もエレベーター本体の価格が250~450万円。それに加えて、住宅改修費用、設置確認申請費用、さらに維持費として定期保守契約費用、法定点検費用などがかかります。

ホームエレベーター以外の解決策

日本家屋の狭い階段に取付けた例 エレベーターがダメならエスカレーター? 残念ながら家庭用のエスカレーターというものはありません。でも解決策はあります。
 日本ではまだそれほど普及していませんが、「階段昇降機」をご存じでしょうか。 これは、階段にレールを取付けて、そのレールの上を椅子が上り下りする、というものです。エレベーターの半額以下の費用で設置できますし、維持費も格段に少なくてすみます。ほとんどの場合、取り付け工事はたった一日で済み、その日から利用できます。レールの太さはわずか8センチ。使わないときは椅子を折りたためますので、設置した後も、ご家族の方は普通に階段を利用することができます。

ティッセンクルップの階段昇降機

 ティッセンクルップ・アクセスはドイツに本社を置く、家庭用階段昇降機から業務用のエレベーター・エスカレーター、空港の搭乗ゲートなど、様々な昇降機を手がける総合メーカーです。階段昇降機だけでも60年以上の実績があり、年間30,000台以上もの家庭用階段昇降機を、全世界に設置しています。ティッセンクルップ・アクセス・ジャパンはその日本法人で、北海道から沖縄まで日本全国をカバーしています。

ティッセンクルップの独自技術

椅子が自動で左右に旋回します(特許技術) ティッセンクルップの階段昇降機は、独自の自動水平保持・自動旋回テクノロジー(特許技術)により、レールを自由に曲げて製造、設置することができます。階段が途中で折れ曲がっているとか、すぐ横に扉があるなど、間取りにさまざまな制限がある場合でも、柔軟に対応できます。勾配が変化しても、階段の途中に梁や柱が飛び出していても、常に椅子を水平に保ったまま、左右に旋回させることができ、構造物をよけて上り下りすることが可能です。

まずは現地調査を

 階段は家ごとに千差万別ですし、利用される方のご希望もさまざまです。まずは弊社にご連絡ください。ご自宅にお伺いし無料で階段の計測をいたします。その上で、ご希望に合わせた設置のご提案と費用のお見積もりをさせていただきます。

 

階段昇降機と家庭用エレベーターの比較表

階段昇降機は、設置個所を選ばず、家屋の改修も必要ないため、費用や期間を抑えて設置することが可能です。

*繁盛期には納期が若干延びることがあります。

他メーカー階段昇降機との比較

⇒国内で購入できる階段昇降機比較表


 

お取り付け事例

3階建て一軒家にお住まいのB様

Q:階段昇降機の性能と信頼性はいかがでしょうか?

A:とても母の生活が楽になりましたし、2階の寝室に行ける事がとても嬉しいと言っています。毎日必ず使用していますし、一年以上経ちましたが何も問題は無いです。とても良い性能です。